特殊ねじ製造実績
特殊ねじ・ボルト製造の朝日押捻子製作所 TOP  >  特殊ねじ製造実績  >  C面取り加工を施したスタットボルト

No. 43C面取り加工を施したスタットボルト

加工目的

  • ゆるみ止め
  • アジャスト機能

加工種類

  • 冷間圧造
  • 転造加工(フォームローリング)
サイズ M12
材質 SWCH10R
C面取り加工を施したスタットボルト

特殊ねじ製造のPOINT

C面取り加工を施したスタッドボルト製造のご依頼をいただきました。コストダウンに関するご要望で、まずは現行製品についてヒアリングしました。

現行製品についてヒアリングすると、これまでは[直線カット] → [転造下径絞り]  → [両端C面取り] → [転造] という加工順序で製造されていたことがわかりました。そこでコストダウンを実現するために、弊社では冷間圧造で製造することを提案いたしました。

荒先でありながら寸法公差がマイナス1mmと厳しい条件だったので、圧造時の金型でC面取り加工を行い、転造後、荒先に見えるように加工いたしました。現行製品よりもコストダウンが可能になったとのことで、お客様にはお喜びいただきました。

また、弊社では画期的なゆるみ止めボルト「モーションタイト」を製造しております。詳細についてはこちらからご覧ください。
ゆるみ止めボルト「モーションタイト®」について

この実績のようなねじが作りたい!専用問い合わせフォーム

ページの先頭へ